人口

世界の人口は70億人へ達し、2050年には、なんと推定93億人になるという。
水の問題、エネルギーの問題、貧困の問題と山積みだ。
そして、日本の人口は、2008年をピークに減少しています。

今後50年で、日本の総人口は3分の2になり、そのうち65歳以上の高齢者の割合が4割と、
世界でも例をみない超高齢化社会に日本は突入していきます。

まだ人口減少が始まって5年目なんですね。
ただ地方都市へ行くとすでに10年前ぐらいからシャッター街が目立ち、今尚そのままの形態を維持している所が多々あります。
中心市街地の空洞化現象が全国的に進み、もちろん東京圏にもそれがやってきます。
東京にいると実感が少ないのはまだ減少途上にいるからでしょう。

先日 コミュニティデザイン事務所 studio-L 代表の 山崎亮さんのセミナーへ行ってきました。
人口減少の先進を行く都道府県にて多角的なコミュニティーの方向性を生み出し、
人を元気にし、町を元気にするパイオニアです。
実にパワフルで素敵な方でした。
  
その内容は、人口減少はすでに東京都、神奈川県、沖縄県、愛知県、滋賀県以外では進み、深刻な問題となっている所が実に多いという事。
まだ多少増加傾向にある都市も、2020年を境に減っていくという事。
そして人口減少の先進を行く都道府県でのコミュニティー事例では、笑顔と共に新しいコミュニティで活躍する人が、生き生きとしていて、デザインをする事の意義みたいなものが垣間見れました。
人口減少途上の東京、この先どうなるのでしょう、もうすぐそこまで変化はきているのですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください